変形性膝関節症|痛み止めだけで本当に大丈夫?

芦屋市で唯一の

膝に水がたまる(水腫)・変形性膝関節症専門整体院

【整体パーム】

 

 

今日は、2月の初めに来院された患者様「Mさん」について。

60代女性で「変形性膝関節症」で1年間整形外科に通われていた方です。

 

膝の痛み

 

症状は3つ。

左膝の腫れ

左膝の内側の痛み

正座ができない

 

そして、整形外科での見解・治療は以下の通り。

加齢による軟骨のすり減りが原因

体重の増加も一因

痛み止めの薬

ヒアルロン酸注射

膝の水を抜く(関節穿刺)

ストレッチ

筋力訓練

 

1年間の経過はというと、ヒアルロン酸注射の後しばらくは曲げ伸ばし・歩行はしやすいものの、また同じような痛みは出現してしまう状態。

自宅でストレッチ・筋トレも毎日欠かさず行い、以前より筋力はついたようですが、痛みは変わらず継続中。

痛み止めの薬は“お守り”のように常にカバンの中にある…。

 

お薬ケース

 

そんな状態で整体パームにご相談をいただきました。

 

まず、玄関から入ってこられた時の歩き方を見て、原因の半分は特定しました。

それからカウンセリング。

 

今までの症状の経歴、痛みの場所・度合い、どんな治療をしてきたか、どんな運動をしてきたか、など、様々なことをお聞きしました。

そのお話の中でMさんは、

膝が良くなったら、また山に登りたいんです

と笑顔でおっしゃっていました。

ハイキングが趣味で毎週のように出かけていたとのこと。

ですが、来院時は階段の昇り降りも必ず手すりのある側を選んでしまう状態で、残念ながら山に登るのは程遠い話…

 

階段

 

「まず、普通に歩けるようになるのが先決です。それから階段、山、とステップアップしていきましょう。」

Mさんの落ち込んで固くなっていた表情が少し柔らかくなってきたところで次は検査です。

ここで、残り半分の原因にアタリをつけて、いざ施術。