ウォーキング(歩行)のポイント 〜歩幅を広げる〜

芦屋市で唯一の

膝に水がたまる(水腫)・変形性膝関節症専門整体院

【整体パーム】

 

 

ウォーキングする女性

 

「なるべく歩幅を広げよう❗️

 

 

骨盤(仙腸関節)にしっかりと体重がかけられなくなっている傾向の方のほとんどが、歩く時の足の振り出し幅が少なく、速度も遅くなっています。

 

 

1️⃣【普段あまり歩いていない方】

 

基本的に仙腸関節における必要十分な荷重がかけられていないので、まず、1日1015分程度のウォーキングからはじめて、「骨盤を動かす準備」をしましょう。

 

そして、歩くのに慣れてきて物足りなくなってきたら、少しずつ歩幅を広げて速度を上げ、さらに10分、20分と増やしていき、最終的に40歩くことを目標にしましょう。

 

 

2️⃣【普段よく歩いている方】

 

歩幅をいつもより10cm程度広げて速度を上げてみましょう。

 

 

 

ここで一つ注意しなければいけないことが、歩幅の拡大にあわせて腕の振りも少し大きくするということです。

 

上半身と下半身は逆の捻れをすることで中心軸が安定します。

 

もし、腕の振りを大きくしないまま、足の振り幅を大きくすると、横ブレが起きてしまいます。

 

そうすると、骨盤の安定性が保たれず、それを補おうとして股関節や膝関節、足関節などを無理に捻ることになり、各関節の障害につながるリスクが生じます。

 

肘を7080°曲げて、前よりも積極的に後ろに引くようにして腕を振りましょう。

 

ウォーキングする女性(肘を後ろに引く)

 

 

 

膝痛・腰痛などのご相談はコチラから↓
https://line.me/R/ti/p/%40ebi4777j

 

公式HPhttps://st-palm.com/knee

 

芦屋市で唯一の

膝に水がたまる(水腫)・変形性膝関節症専門整体院

【整体パーム】

 

 

あなたの症状で何かわからないことや不安なことがありましたらLINEにて無料相談を受け付けています。

↓↓↓