肩こり・頭痛の対処法!…それ、ホントに大丈夫?

こんばんは。

「整体 パーム」の泉です。

 

 

今日、空き時間にFacebookを閲覧していたら、

新しい製品や技術などを紹介するbouncyさんの記事が流れてきました。

 

いつも楽しみにしているのでよく見るのですが、

今日は流石にゾッとしてしまう」ものだったので、

急いでブログを投稿してしまいました…。

 

 

その記事というのはこちら↓

見た目が拷問…?スマホ首を矯正するトレーニングマシン「Archlifter」

 

 

 

イヤアカンでしょ…コレ…_| ̄|○

(…見た目ちゃう、ホンマに拷問やで…)

 

 

スマホ首 は、

頚椎の生理前弯が失われ、真っ直ぐ、もしくは後弯することによって

頚部筋群の張り(首こり肩こり)や

頭痛めまい手や腕のしびれ自律神経の失調などの症状を引き起こします。

 

 

首は

例えば、椎骨動脈 内頸動脈 など、

頚椎の中を、心臓からの血液を脳まで送るための大変重要な 血管 が通っています。

 

血管は血液を送る 管(くだ)・チューブです。

 

チューブやホースなどの「管(くだ)」は

その両端を手に持って(こんな感じに↓)左右に引っ張ると、

 

下のイメージ図のように、

左右に伸びて、その「管径」は 小さく(細く)なります。

 

細くなれば、血液の通る量は少なくなりますよね?

更に、

「管の厚み」も薄くなるので、

弾力性を失い、傷つきやすくなります。

 

 

また、引っ張りについて、

引っ張る力をそのままかけ続けていけば、

最後にはその管(くだ)は、「千切れて」しまいます。
(厳密には、「痛み」などが現れるので、そこまではいきませんが…)

 

管径が細くなる

千切れる

 

いずれにせよ、血液を通すための管(くだ)としての「構造・機能」を失うことになります。

 

 

以前、見つけた記事にこういうものもありました。↓

首をひねって血管が裂ける–こんな“ゴルフ頭痛”にご用心

 

 

日常的に頚椎不安定性があった場合

ゴルフなどで急激に首をひねる動作を行うことで

頚椎がスムーズに回転しなかった時

本来、柔軟に動いてくれるはずの血管が

頚椎の回転の悪い箇所で急に引っ張られることによって

血管が損傷したり、血流が阻害されることで起こると考えられます。

 

 

頚椎が安定し、滑らかに動くことができる人は

 

このような問題を起こすリスクは少なくなります。

 

 

 

首を引っ張る」= 健康? 安全?

 

 

スマホ首を治すつもりが

取り返しのつかないことにならないよう

お気をつけください…m(_ _)m

 

 

LINE@登録

LINE登録かんたん3ステップ

LINE無料相談