たかが「歩行」されど「歩行」。

芦屋市で唯一の

膝に水がたまる(水腫)・変形性膝関節症専門整体院

【整体パーム】

 

 

 

 

たかが「歩行」されど「歩行」。

 

ウォーキング

 

歩いてくださいね!👌

 

来院される患者様に毎日のように言っている言葉です。

だって歩くことが本当に効果があるから。

 

でも、最初のうちは皆さんなかなか歩いてくれません…( ;  ; )

 

パーソナルジム・水泳・ピラティス・ヨガなどなど…

 

ヨガ

 

皆さん、身体のことを考えて健康にプラスになるようなことを積極的にされています。

 

 

でも、「ウォーキングはしてますか?」の問いには

大概の方が「なかなかねぇ…歩かなきゃいけないと思ってるけどねぇ…」との回答です。

 

 

“ウォーキング” …確かに地味です…。

 

特別な器具もいらない。

お金もかからない。

ただ歩くだけ。

 

あまりにも“普通”すぎて意外とやらない。

 

もちろん、スポーツやフィットネスなどの運動はした方がいいです。

家でジッとしているよりはるかに健康的です。

 

でも、本当の健康はもっと簡単に手に入れられるはずなんです。

ヒトがヒトとして生まれてから一生を終えるまでの間、健康でいられるようにする為に必要なことは、ヒトとして“当たり前”のことの中にひっそりと組み込まれているんです。

 

それが「歩行」

 

歩行は、生物の成立条件である「捕食・移動・生殖」のうち、「移動」を受け持っています。

捕食・移動・生殖

 

現代の「移動」って何でしょう?

車、自転車、バイク、電車、飛行機、船…

歩かなくっていいものばかりです。

 

確かにそれらがあれば、目的地に早く着くことができます。

でも、移動する為の“時間”と引き換えに、健康になるチャンスを失っていることにも目を向けていただきたいです。

 

そして、歩き方ももちろん重要。

ただ、正しい歩き方・健康になる歩き方はありますが、それ以前に「その歩き方ができる身体を持ち合わせているか?」がもっと重要です。

 

今、当院に通院されている患者様で、膝の痛みで歩き方がフラフラする方がいます。

骨盤・膝関節・足関節の整復をし、動く為のテーピングを施します。

そして歩行指導。

 

「先生、久しぶりに地面をちゃんと踏んだ感覚!」

そんな声を聞く事ができました。

 

歩きたくてもちゃんと歩けない身体だった訳です。

 

骨格の歪みがある程度進んでいる場合、それを戻した上で歩かないと、かえって悪化してしまうことも多々あります。