「歩隔(ほかく)」ってご存知ですか?

芦屋市で唯一の

膝に水がたまる(水腫)・変形性膝関節症専門整体院

【整体パーム】

 

「歩隔(ほかく)ってご存知ですか?

 

 

歩隔】~ 歩く時の両足間の横の幅のこと。

 

 

歩隔(ほかく)

 

モデルさんのウォーキングは、足をクロスしたり、一本の線の上を歩くために踵(かかと)を線の上に乗せるように歩いていくのが特徴ですが、健康維持・症状の改善を目的とした「生理歩行」では、両足で一線をはさむようにして歩きます。

 

モデルのウォーキング

 

そこで大事なのが「歩隔」です。

 

通常の歩隔としては、両足間の幅を【8.59.5cm程度】の幅をとります。

 

そして、一本の線をはさむように両足を交互に前に出していきます。

 

一線をはさむように歩く

 

「歩隔」をキープしながら一線をはさむように歩くことで、非生理的な捻れや歪みのない、正しい歩行が可能になります。

 

 

《今回のまとめ》

 

1.歩く時の「歩隔」を保つ。

2.一線をはさむように歩く。

 

 

一言に「歩行(ウォーキング)」といっても、目的によってその歩き方はそれぞれ違います。

 

健康維持・症状の改善を目的とするのであれば、「生理歩行」をおすすめします。